「甲鉄城のカバネリ」が面白いので最終話ネタバレ解説

「甲鉄城のカバネリ」・・・それは、恐怖と戦う者たちの信念の物語・・・

以前パテマの解説が評判よかったので、今回はカバネリの私の解釈を簡単に記しておきたいと思います。最終話ネタバレなので注意。

カバネリ

本作のテーマ

この作品のテーマは「恐怖」です。美馬から「臆病者」「恐怖」というワードが繰り返し何度も出てくることから、そう断言しても良いくらいでしょう。

そしてもうひとつ、明白ですが「信念」です。キャッチコピーが「死んでも生きろ」「貫け、鋼の心を」であるからして、そんなところだと思います。

カバネは「恐怖」しか見えない

カバネはいわゆるゾンビ的なものですが、最終話で明らかにされることがあります。それは、「恐怖」に反応する性質のものであるということ。私の解釈では、カバネは「恐怖(臆病者)」しか見えないという設定があると考えています。ウイルスというのは伝染するものですが、「恐怖」も伝染します。美馬は、力ある者だけが生き残れると信じ、「恐怖(臆病者)」のない世界を目指していました。それは、カバネが「恐怖(臆病者)」を喰うものだからです。(より深いところでは、人間も同じ、という話につながっていきます)

九話で、美馬とホロビの刃が対峙するシーン、画面がブラックアウトする演出もこれにつながります。美馬の頬の冷や汗だけが画面に映っているのは、ホロビには「恐怖(臆病者)」だけが見えていることを表現しているわけです。これは、美馬がすんでのところで恐怖心を抑え込んだことを意味し、なおかつホロビはこの冷や汗が恐怖を知らないはずの美馬のものであることを知り、自身が抱く愛により留まったことをも表現しています。

そして、このことを決定付けるシーンが最終話、生駒と美馬の対決の中にあります。わざわざ生駒がカバネになりかけ、視力を失う演出を作っています。生駒が美馬を見つけたその瞬間、美馬は「見つけたか、臆病者を」と名言を残します。つまり、美馬は、カバネが「恐怖(臆病者)」に反応するものであることを知っていたわけですね。この瞬間、美馬のこれまでの行動の真意が判明するわけです。鳥肌モノです。

※臆病者=無名と受け取ることもできますが、わざわざ視力を失う演出を作ってまでやる意味がないので、私は臆病者=美馬のことだと思います。視力を失う演出は少し前から伏線を張るほど重要だったわけで、美馬が臆病者であることを明示するために用意された装置です。

そして、そのことは美馬自身も己が「臆病者」であることを悟ったことになります。恐らく、これは生駒との出会いによって芽生えたものではないでしょうか。自らも「臆病者」になってしまった暁には、潔くこの世を去ることも覚悟の上だったように思います。

「恐怖」に勝つのは「愛」である

「見つけたか、臆病者を」のシーン、無名が生駒の大切な石を落とすカットが挟まれ、それに呼応するように生駒は美馬を見つけます。これは何を意味するのか――「愛」の力です。ここでいう「愛」は、恋愛感情というよりも、無名はもちろん、妹や逞生たちへの想いを含めた「愛」ではないでしょうか(この石にはそういう意味もあることが、公式サイトで配信された最終話EDで語られます)。「愛」を持つ生駒が、美馬を上回った瞬間です。

美馬は父親に裏切られた過去から、「愛」を知らずに「孤高」に生きてきました。「恐怖」を持たぬものがこの世を生き抜ける、と己を信じてきました。それと対比し、生駒が持つ原動力、恐怖をも上回る「愛」の存在が明示されています。「恐怖」があっても「愛」があれば強く生きられるという思想です。

対決前、美馬は「ずっと待っていた。恐れを知らぬ魂。私は今こそ、それを狩る」と生駒に言い放ちます。生駒が「恐れを知らぬ魂」を持っていることを認めている。にも関わらず、生駒はカバネとは対峙している(=恐怖を持っている)。生駒の存在により、美馬の研究に辻褄があわない箇所が現れたため、その理由を知りたがっていたのではないでしょうか。ちなみに「狩る」というのは「殺す」という意味ではなくて、「試す」という意味だと思うのですが、どうでしょう。

→「ずっと待っていた。恐れを知らぬ魂。私は今こそ、それを狩る」は、恐れを乗り越える手段としての「孤高」VS「愛」どちらが正しいのか強いのか決着をつけにきた、という意味ですね(友人の指摘を受け、すんなり納得しました)。生駒に白血漿を撃ったのも、生駒が勝負に勝ったのに倒れている様を見たからでしょう。最後に無名に刺されて穏やかな表情を見せるのも納得がいきます。ここは時代劇のように、男と男の勝負というわけでした。

黒血漿と白血漿

黒血漿をカバネリに打つと、カバネの融合群体になります。白血漿は、その融合群体を解くものです。いずれも、美馬サイドがカバネを研究して創りだしたものです。

というのは表向きで本当は、黒血漿は「恐怖」を増幅させるものであり、白血漿は「恐怖」を解放するものであると私は解釈しています。黒血漿を打つと恐怖の塊になるため、カバネが吸い寄せられて、融合群体になるのです。

このことは恐怖がカバネに作用するシステムを考えれば有り得そうですが、劇中ではそのような明示はないのであくまで空想です。しかし裏付ける演出は最終話にありました。それは、美馬が生駒との戦いに赴く前に、白血漿を受け取るシーンです。この時、白血漿を念のためのカバネ対策として渡されています。白血漿には、カバネに噛まれたウイルスを解毒する力はなかったはずです(そもそも美馬もカバネリであることが明らかになりますが、周りの者たちがそのことを知っていたかは不明です)。ではなぜ、カバネ対策になるのか。それは、恐怖を解放できるからです。恐怖心を持たなければ、カバネに見つかることはない、と美馬サイドは考えているからです。

また、最終話には融合群体となった無名が、人々に罵声され、怯えている演出もありました。これも「恐怖」が増幅されている故ではないでしょうか。

黒血漿を自らに打ってなお恐怖を乗り越える愛による「信念」を貫き通す生駒を見て、美馬は彼の信念を受け入れ、白血漿を打ち(撃ち)、この世界を託すのです。

免責事項

本解釈はあくまで私個人によるもので、正しいかどうかはわかりません。他にも異なる解釈があることでしょう。

最終話について色々批判もあるようですが、この解釈が正しければ非常に美しくまとまっており、神脚本だと思います。ただ個人的には最終話は展開が早く雑な印象を受けたので、1時間SPにして欲しい内容だったな、とは思いました。

p.s. ここに記していませんが、逞生や菖蒲たちの信念も明確に作中で描かれていました。カバネリの「リ」は何なのか。「裏(うら)」「理(ことわり)」このあたり? カバネが「恐怖」の象徴なら、カバネリは恐怖の裏の象徴かもしれませんね。

p.s.
ちなみに、この記事を書くきっかけをくれたかざみ先生は、白血漿を持ちだしたのは自己防衛で無名に打つためで、結局生駒に打ったのも恐怖からだと見ていますね。
http://kazazami.hatenablog.com/entry/2016/07/02/105714

雲ブラシ(Photoshop)

雲

雲を手早く描くPhotoshopブラシ(ABR)を作りました。筆圧ONにし、雲の硬さを「流量」で調整しながら使ってください。(上記例は流量50で描いています)

前から雲ブラシはいくつか作ってあったのですが、よく考えるとわりと使いづらかったので作りなおしました。かなり作業が高速化しました。

ダウンロード

ブラシは私用・商用を問わず画像作品(イラストを含む)を作成する際にのみ無償で利用できます。ブラシファイルの再配布や販売などは禁止です。

【2015/11/11】 雲ブラシ.abr – 23 KB

dアニメストア連続再生 Chromeプラグイン

【2015/9/29】公開を終了いたしました。dアニメストアに公式で連続再生がつき、そしてそもそもChromeがSilverlightのサポートを完全終了したため、もはやプラグインの存在意義がなくなったためです。これまで500人近いユーザーにご利用頂いていたようです。皆様、ご利用ありがとうございました!
p.s. Chromeユーザーとしては、早くChromeでも見られるようにしてもらいたいものです……。

dアニメストア連続再生

【2015/4/1】ver1.1にアップデート。新しいレイアウトに対応しました。


Google Chromeプラグイン「dアニメストア連続再生」を作りました。dアニメストアでアニメを見終わった後、次の話を連続で自動再生できるようにします。

自分用に適当に作ったので正直公開するつもりはなかったのですが、500円払って公開しないと毎回デベロッパーモードについて警告が出るので・・・。とりあえず。機能追加などのご要望にはお応えできませんのでご了承ください。

iOS音ゲーアプリ「BeatTube」、Any BeatsのLINEスタンプ、両方リリースしました!

BeatTube

YouTubeの動画で音楽ゲームが遊べる「BeatTube」アプリをiOS向けにリリースいたしました。

BeatTube

BeatTubeの最大の特徴は、YouTubeにある動画を使用して音楽ゲーム(リズムアクション)を遊ぶことができる点です。 簡単シンプルな操作で初心者はもちろん、自由な難易度設定で上級者も心ゆくまで楽しむことができます。 譜面ごとのランキング機能によりユーザー同士で競い合いをしたり、好きな動画を選択して独自に譜面を作成、投稿することができます。 また、ユーザーが制作した楽曲や動画の宣伝・紹介にも利用できると考えています。ゲーム結果や作成した譜面は、TwitterやLINEなどに投稿することも可能です。

Any Beats LINEスタンプ

さらに、音楽ゲーム「Any Beats」のキャラクターたちのLINEスタンプを作りました!

LINE スタンプ

ゲームを知らない人でも楽しめるよう、可愛くて使えるスタンプを目指しました。がんばって40種描いたので、是非使ってやってください!><

Flavie 1.2.17を公開

Flavie

Windows 8におけるサイズ調整などの不具合を修正しました。

前回の修正で、整数型で渡さなければいけないところ小数点付きでデータを渡していてエラーが起き、サイズ調整処理の初期化に失敗していました。(Windows8側に開発環境を入れていないのでエラーに気がつきませんでした;)

ダウンロードはFlavieの紹介ページによりお願いいたします。アップデートの場合は、すべてのファイルを上書きするだけです。

Windows 8の場合 (SmartScreen)

ところで。Windows8にはSmartScreenフィルターというセキュリティがあって、インターネットからダウンロードしたexeファイルは安全かどうか確認されるまで警告が出て、実行できないようにする機構があるようです。実行記録がマイクロソフトに送信され、多くのユーザーが利用するソフトでは警告が出ないようになるらしいのですが、今回のアップデートでファイルが新しくなったため、どうやらFlavieもこの警告が出るようになりました。時間経過とともにこの警告は出ないようになるかと思いますが、起動できないという方は以下の方法で起動してください。

SmartScreen
※Windows 8で起動しない場合は、「Flavie.exe」を右クリックメニューから「開く(O)」を選択して実行し、「WindowsによってPCが保護されました」という「SmartScreen」画面が表示されましたら、「詳細情報」という文字をクリックして、「実行」ボタンをクリックしてください。
参考:http://qa.support.sony.jp/solution/S1209070041490/

Flavie 1.2.16を公開

Flavie

Windows 8でタイトルバーやコントロールバーが表示されない問題を修正しました。IE用のFlash Playerで起動直後にStage.width、Stage.heightが正常に取得できず0になるのが原因でした。

ダウンロードはFlavieの紹介ページによりお願いいたします。アップデートの場合は、すべてのファイルを上書きするだけです。

Windows 8の場合 (SmartScreen)

ところで。Windows8にはSmartScreenフィルターというセキュリティがあって、インターネットからダウンロードしたexeファイルは安全かどうか確認されるまで警告が出て、実行できないようにする機構があるようです。実行記録がマイクロソフトに送信され、多くのユーザーが利用するソフトでは警告が出ないようになるらしいのですが、今回のアップデートでファイルが新しくなったため、どうやらFlavieもこの警告が出るようになりました。時間経過とともにこの警告は出ないようになるかと思いますが、起動できないという方は以下の方法で起動してください。

SmartScreen
※Windows 8で起動しない場合は、「Flavie.exe」を右クリックメニューから「開く(O)」を選択して実行し、「WindowsによってPCが保護されました」という「SmartScreen」画面が表示されましたら、「詳細情報」という文字をクリックして、「実行」ボタンをクリックしてください。
参考:http://qa.support.sony.jp/solution/S1209070041490/

「サカサマのパテマ」が面白いのでネタバレ

久しぶりにブログ書いたと思ったらアニメ映画の感想です。今日観てきた「サカサマのパテマ」が想像以上にすごく面白い。もともと吉浦監督は高校生の時に観たペイル・コクーンの時からAmazonにも恥ずかしいレビューを書いちゃうくらいファンでしたが、僕の中では今年度の大賞に推したいレベルでした。

でもネットの評判を見ると思いの外、「説明不足で理解できない」ことを理由に評価を落としている方が多かった。ファンとしてちゃんと理解してもらいたいという思いから、誤解が多い部分の説明を。よく分からなかったという人の助けになれば。もちろんネタバレなので、すでに観た人だけ読んでください。観てない人は是非観に行こう!ちょっとインセプションとかと似てるって言えば似てるので、そういう多世界モノのが好きなら是非。単純にスリル抜群の冒険ファンタジーとしても優秀です。

サカサマのパテマ

すべてがサカサマ

当初は、主人公のエイジたち(アイガ君主国)が普通の人間で、パテマたちが逆さまの地底人であるという認識で物語が描かれていきます。しかしラストまで見ると、実はこれはサカサマで、エイジたちこそが重力が反対になった被害者の人間であることが判明します。

ラストの世界

青空の綺麗な、荒廃したビルのある世界。ここがもともと最初から存在していた、僕たちの世界と地続きの世界。昔ここで重力からエネルギーを取り出す実験が行われ災害が発生。被害にあった人やモノは重力の向きが反転し、空に宇宙に向けて「落ちて」いってしまった。惑星の周りに、その際のゴミが浮遊している様子も描かれています。

シェルターにいて被害を免れた一部の人間達は、被害(重力反転)にあった人たちを救出。地下世界を作り上げ、重力が反転していても生活できるようにしてあげました。しかし、被害を免れた者達も荒廃した地上では生活ができないため、また被害に遭ったものたちを保護する責任を背負い、地下にいったわけです。ここが重要で、地下世界は2重にあり、「パテマたちの地下世界」の下に、「エイジたちの地下世界」があるのです。

中盤で辿り着いた空の上の世界

かつて空に向けて落ちていった人たちが宇宙に作り出した世界?……というように最初はミスリードさせられますが、結末まで見るとまったく違うことが判ります。

実はここが最も地層の深い部分にあたります。人工照明の設備(太陽や星)や、空気を作り出す装置などが描かれていました。ここから再び戻る時に、ものすごい暑さを感じていたのは、ここに人工太陽の照明があるためです。「主人公のエイジたちが見ていた空」は、地下でも同じように生活ができるようにと、パテマたちの先祖が作ってくれた「人工の空」の天井だったわけです。

すべてがサカサマ

このように、アイガ君主国の者たちが地下世界のパテマたちを制圧しているように見える優劣の構造はすべて逆であり、本当はパテマたちがアイガの者たちを保護している世界だったのです。

世界感の描写の仕方からも、最初はファンタジーのように思わせる入り方をして、実はSFだったというサカサマの構造すらも取っています。(強引解釈)

ちなみに、吉浦監督の過去作「ペイル・コクーン」も入りは地下世界と失われた地上世界の話で、一瞬の結末で覆されるという描き方にも通じるところがあり、恐らく本作はこれがベースになっています。ペイル・コクーンでは緻密に巧妙に記録的に世界を描いていたのに対して、今回は豪快に冒険劇的に身体的に描いている点において実に対称的ではあります。もっと話を丁寧に描くべきという意見がありますが、2つを見比べると今回は「記録」が失われており一貫して「体験」的に描きたかったんだなということがよく解ります。(手帳という短い期間の記録は出てきますけどね)

Flavie 1.2.15を公開

Flavie

シークバーのドラッグ領域を大きくして操作しやすいようにしました。先日頂いたご要望を反映したものです。たしかに操作しづらく不便でした。

ダウンロードはFlavieの紹介ページによりお願いいたします。アップデートの場合は、すべてのファイルを上書きするだけです。

今回から「Upgrade1_2_4.exe」の同梱を止めました。2008年以前のFlavieをご使用の方のみが必要とするもので、さすがにもう要らないだろう、と。必要な方は、同梱している「Ver1.2.3以前からのアップグレードについて.txt」をご確認ください。

ANEでContextInitializerは名前を変えないとトラブル発生

最近はずっとAIRでiPhoneアプリ作ってるんですが(来る日も来る日もUI作成…)、ANEを作って使う際にちょっとハマったのでメモ。

XcodeでContextInitializerだとかExtInitializerだとかを書くようにAdobeの公式記事に書いてあるんで、よくわからないなりにそのまま記事の通りに書くと思うんですよね。しかしこの名前は、他のANEと重複してはいけないようで。複数のANEを使うと、パッケージ時に「duplicate symbol」だと怒られたり、あるいは実行中に「The extension context does not have a method with the name XXXX」とエラーが出ます。

AIR for iOS で複数のANEを使うと、まったく使えなくなる場合がある

で、上記サイトによればadtコマンドでパッケージングする場合は「-hideAneLibSymbols yes」とオプションを入れれば回避でき、Flash Builderでも設定があるようです。ただ、自分の場合はFlash CS6でやってるので、これにまだ対応していない(CCで対応して欲しい……)。そういう場合は、HogeHogeContextInitializerのように独自の名前にして他と被らないようにすればOKです。が、第三者から入手したANEの場合はソースコードがない限りどうにもならないので、早いところIDEで対応してほしいものです……(ていうかなんで自分でオプション追加できる仕様じゃないの)